本文へジャンプ

関節の痛み・外傷・慢性疾患の専門医

写真:院長伊藤  皆さんはお医者さんからの説明に不安や不満を感じたことはありませんか?整形外科医院での診療は、目に見えない痛みやしびれなどとの闘いです。骨折やけがの様に、いかにも見ればわかる患者さんばかりではありません。むしろ、膝が痛い、腰が痛い、足がしびれる、肩があがらない等の訴えの方が圧倒的に多いのです。また、それらが引き起こす不安や疑問、悲しみに対しても対処していかなければなりません。  私たちは、ひとつひとつていねいに説明し、痛みやしびれの原因を解きほぐしていくよう努めています。まずはわかりやすい言葉で、何故痛いのか、何故しびれるのか、日々の忙しい診療の中でおざなりになってしまいがちな、でも、基本であることをていねいに説明し、治療し、当院の玄関を出るときには身体も心も軽くなって帰っていただくことを目標としています。少しでも多くの信頼と安心を実感していただけるよう、日々努力していきます。  また、医療で大切なことは、整形外科領域だけでなく、いろいろな専門の医師、病院との連携でもあると思います。腰の痛みといっても、脊椎からの痛みばかりではありません。内臓からの痛みである場合があります。専門外であっても、緊密なつながりがあれば素早く、適切な専門医にご紹介することができます。入院、手術が必要な場合も同じことです。医療というのは、医師が患者さんの病気に対してさまざまに助けてあげる行為ですが、この場合、中心は医師でなく患者さんです。当たり前すぎることですが、患者さんを中心として、さまざまに助けてあげようとする心、これを決して忘れません。